EBH 〜根拠に基づいた競馬〜

データを用いて根拠に基づいた馬券術習得を目指すブログです。

菊花賞他

どうもnoritakex です。

 

菊花賞他、10/25の予想です。

 

 

菊花賞

3連単フォーメーション

1着 コントレイル

2着 ヴェルトライゼンテ、サトノフラッグ、バビット

3着 サトノインプレッサ、ヴェルトライゼンテ、ディープボンド

サトノフラッグ、バビット、ロバートソンキー、ブラックホール

 

やはりコントレイルの三冠達成の可能性は高いと思います。

相手ですがステップレース上位を中心にヴェルトライゼンテ、サトノフラッグ、バビットを選択

サトノインプレッサブラックホールは調教評価を参考に、ディープボンドはそこそこの実績で侮れない存在に感じたので紐に入れました。

 

ガロアクリークはやはり距離問題と川田騎手との相性もそこまで良くないのかなと思い切りました。

アリストテレスも迷いましたが馬が弱いと思うのでいくらルメール騎手でも馬券内は難しいと考えて切っています。

 

◎京都5R

単勝 シャフリヤール

 

巷で今年のディープ産駒の真打ちと言われているシャフリヤール

全兄にアルアインがいる良血で調教も良さそう

POG指名もしました

 

 

◎京都8R

単勝 レッドソルダード

 

デビュー戦が出遅れからも最後の追い込みで僅差の2着に入り込んだレッドソルダード

2戦目で順調に勝ち上がり、昇級初戦の前走は2歳レコードを出したデュアリストに続く2着

勝ち馬が強すぎたがレッドソルダードもこのクラスは勝ち上がれそう

 

 

◎東京 5R

単勝or複勝 リフレイム

 

デビュー戦で衝撃の外ラチ沿いを騎手を落としそうになりながら走り勝利したリフレイム

気性難が気になるところだがポテンシャルはあると思うので気になる存在

先週、調教再検査をクリアしたとのことだが応援馬券複勝に留めておいても良さそう

 

※馬券購入は自己責任でお願いします

 

秋華賞予想他

こんばんはnoritakex です。

 

秋華賞の予想ですが、実力はやはりデアリングタクトが抜けていると思います。

ただ競馬に絶対はないのでなんとか死角を探して対抗を見つけるという楽しみもありますが、ハイリスクハイリターン目指すというギャンブル要素が高くなってしまいます。

かといってデアリングタクトではリターンが少な過ぎるのでケンが利益重視でいくのであれば最適解になると思います。

とはいえG1なのでギリギリまで悩んで何かしら買いそうな私ですが、当日にブログ更新出来る気がしないので秋華賞は勝負レースからは完全に外します。

 

 

10/18の勝負レースは京都5R、京都8Rにしました

 

◎京都5R

単勝 レッドレジェーラ

この馬は私の初めての出資馬になるので問答無用で勝負レースにしました

POG指名もしています。

 

6月にゲート試験合格後、外厩でしっかりと乗り込んできています。

一応古馬とも併せて先着するなど調教は悪くないと思います。

調教時には雨で馬場が重たい状態でもそれなりに動けていたようです。

 

血統面については母系は欧州での実績がある系統

本馬はAlzaoの3×4のクロスを持っています。名馬に多いとされている奇跡の血量持ちな点も気になるところです。

 

◎京都8R

単勝 エイシンアメンラー

日本のダートでも強さを見せつけているアメリカンファラオ産駒

前走は昇級の壁に加えてレース後には熱中症の症状があったとのこと

放牧後であり巻き返しを期待

 

◎おまけ

前回のPOGでイチ押しだったオーロラフラッシュが東京12Rに出走します

応援馬券を買おうと思っています

 

※馬券購入は自己責任でお願いします

 

予想 府中牝馬ステークス他

こんばんはnoritakexです

 

 

土曜の勝負レースと重賞府中牝馬ステークスの予想です。

 

 

府中牝馬ステークス

 

3連単2頭軸マルチ

軸 ダノンファンタジー、ラヴズオンリーユー

相手 フェアリーポルカ、サラキア、シャドウディーヴァ、サムシングジャスト

 

出走馬8頭と寂しい頭数になってしまいましたがその分予想は楽になったでしょうか

軸は実績のあるディープ産駒2頭にしました。

ディープ産駒にとっては得意な舞台です。ダノンファンタジーはダノン、中内田、川田の組み合わせはG2では信頼できます。ラヴズオンリーユーはリーディングトップを走る矢作厩舎所属、レース選びも上手いはずで好走を期待です。

 

フェアリーポルカは1800の重賞で結果を出している

 

サラキアはサリオスの姉、善戦ウーマンだったが弟と同じ舞台で輝くのを期待

 

シャドウディーヴァは近走の成績は良くないが東京1800はハーツクライ産駒の得意舞台

追い込んで3着になる可能性を感じた

 

サムシングジャスト、芝1800といえばヴィクトワールピサ 産駒、中でも東京は得意舞台

 

シゲルピンクダイヤは最近は馬券外が多く幸騎手と初コンビ

ダイワメジャー産駒は乗り替わりでは割り引いたほうがいいというデータがあり近走の成績も良くないので外した

 

トロワゼトワルは距離延長に対応出来ないとみて切りました

ロードカナロア産駒はマイルまでの馬が多い印象が拭えません。

芝の傷みもあるようなので逃げ切れるかも疑問です

 

◎東京 9R

ゴールドレガシー 単勝

 

前走は大きく出遅れた直線一気で勝利、能力の違いだけで勝てたと鞍上

今回も同じ鞍上の戸崎騎手、新馬からの2戦目は未知な部分が大きくそこがどう出るかとのことだが、ゴールドアリュール庭である東京ダート1600でも期待していいと思っています

2戦目でスタートも上手く出てもらい危なげなく2勝目を期待です。

 

※馬券購入は自己責任でお願いします

 

 

新しい血

こんばんはnoritakex です。

 

ここ数日で日本軽種馬協会ノーブルミッション、社台スタリオンにナダルが導入されると発表されました。

 

ディープ、キンカメ系が多い日本競馬界にこういった新しい血が入ってくることは歓迎すべきことだと思います。

 

本日はこの両馬についてまとめておきたい思います。

 

ノーブルミッション

・血統背景

父 ガリレオ 母カインド  母父 デインヒル

全兄にフランケル

ノーザンダンサーの3×4などのクロスを持つ

 

・現役時成績

21戦 9勝(G1  3勝 G3  3勝)

5歳時に欧州古馬チャンピオン

最短勝利距離 芝8F  

最長勝利距離 芝12F

重賞勝利距離 芝10〜12F

 

・見解

日本には合わないと言われていたガリレオ系ですが、フランケル産駒が複数頭G1を制覇しており全弟のノーブルミッションも期待したいところ

フランケルと違い遅咲きであったノーブルミッションと同様の傾向が産駒にも出る可能性もありクラシックではさっぱりだった馬でも古馬になってから充実する馬も出てくるのではと予想

 

ナダル

・血統背景

父 ブレイム(ロベルト系) 母アセンディングエンジェル 母父 プルピット

ミスプロの4×4のクロスを持つ

 

 ・現役時成績

 

4戦4勝 (G1 1勝 G2 2勝)

勝利距離 ダート  1300〜1800

 

デビュー以来負けなしで今年のアメリカでの3歳では1番強いと言われておりケンタッキーダービー最有力の一頭だった馬、残念ながら調教中に骨折してしまい3歳で引退

パワフルで柔らかい馬、芝でもダートでも大丈夫なタイプと現役時の調教師のコメント

 

・見解

芝でもいけるとのことだがまずはダートで走ることが多いでしょうね

G1のレース映像を見ましたが、先行から4コーナーで突き放す王道の走り

距離も持つ馬だったので中央ダート重賞での活躍を期待

 

 

以上簡単にではありますが新しく日本に導入される種牡馬についてまとめてみました。

 

 

 

 

 

10/10・10/11振り返り

こんばんはnoritakex です。

 

なかなか更新出来ないことが多いですが、競馬はしっかり確認しています。

先週の開催で気になった点を挙げていきます。

 

 

①バゴ産駒

 

サウジアラビアロイヤルカップはバゴ産駒のステラヴェローチェ

一頭だけ不良馬場を物ともしない脚を使って勝利しました。

バゴ産駒といえば最近ではクロノジェネシスが有名です。

この馬の活躍で2019年の種付け頭数が100頭超えしたそうです。

これからバゴ産駒が増えそうなので特徴などを整理しておきたいところですね

 

 

②3歳牡馬のレベルについて

 

今年の3歳は弱いという風潮がありましたがサリオスは見事毎日王冠を制覇しました。

少なくともコントレイル、サリオスの世代2トップは強そうです。

ただ現段階で他にあまりめぼしい馬はいない印象です。

菊花賞でのコントレイルの信用がまた上がった気がします。

 

 

③クッション値について

クッション値が公表されるようになってから初めての悪天候での開催なったのではないでしょうか

 

今まではだいだい標準の値に収まることが多かったのですが、東京、京都ではやや軟らかめの範囲、土曜の東京に至っては軟らかめの範囲になっていました。

 

クッションの違いを検証したかったのですが、同じ競馬場、同じクラスのデータがなくまだ検証出来ていません。いずれまとめてみたいと思うので今はまだデータ集め、扱うとしても感覚的な物になると思います。

 

以上3点について感じたことをまとめました。

今週末は秋華賞ですね、みなさんの馬券が当たることを祈ってます。

 

 

台風の影響をどう捉えるか

こんばんはnoritakex です。

 

この週末は台風14号の影響を受ける地域が多そうですが、競馬への影響はどうでしょうか

 

金曜発表の時点では新潟は芝が良、ダートが稍重

他の東京、京都は共に芝が重、ダートが不良なっています。

 

当日の天候、馬場状態も随時確認しなくてはいけない上に紛れも多そうなので穴党ではない私はケンのレースが増えそうです。

 

とりあえず土曜のサウジアラビアロイヤルカップの予想だけ載せておきます。

 

本命 ジャンカズマ

相手 インフィナイト、ダディーズビビッド、ステラヴェローチェ、カガフラッシュ

 

3連複1軸流し

 

東京競馬場の当日の天気予報も雨予報なので大幅な回復はしないだろうと考えて欧州血統やキレを武器にしていない持続型の足を使えそうな馬たちをピックアップ

 

※馬券購入は自己責任でお願いします

巻き返しを図る

こんにちはnoritakex です。

 

今年のリーディングサイアー争いについて触れたいと思います。

10/5時点での総合ベスト3は

1位 ディープインパクト (2019年度1位)

2位 ロードカナロア          (2019年度3位)

3位 ハーツクライ             (2019年度2位)

 

 

上位の顔触れは変わらずですが、ベスト10まで広げると

ルーラーシップキングカメハメハダイワメジャーと常連が連ねる一方で

オルフェーヴルキズナエピファネイアなどの新興勢力が台頭してきています。

 

大きく順位を落としてしまったのはステイゴールド産駒とハービンジャー産駒

 

ステイゴールドは2015年に死亡してしまっておりインディチャンプなど現在の5歳世代が実質的な最後の世代になってしまっているのでしょうがない部分はあります。

オルフェーヴル産駒を中心とした孫世代の活躍が期待されます。

 

 ハービンジャーは欧州の名馬で日本競馬にもマッチした種牡馬ですが、ブラストワンピース、ノームコアに続く大物が出てこないこともあり順位を落としてしまっています。

血の多様性を保つためにもブラストワンピース以外にも後継となりそうな牡馬を出してほしいところです。

 

さて、ディープインパクト今年度も総合リーディングを快走している一方で2歳リーディングはやや苦戦傾向です。

 

2歳リーディングは9月終了時点で上から モーリス、ドゥラメンテエピファネイアキズナディープインパクトの順で初年度産駒と2年目のフレッシュな産駒の活躍が目立っています。

 

ようやく先週の開催でディープインパクトが4位に踊り出ましたが、次から東京開催になりますし巻き返しはこれからでしょう。

事実まだ出走回数が少ない中での上位はさすがディープインパクトと思わせてくれます。

 以下に10/5時点の2歳リーディング上位5頭の成績をまとめてみましたが勝率はさすがと言わざるを得ないです。

個人的にはサトノレイナスが現在デビューしているディープ産駒の中ではピカイチだと思っていますがまだまだ大物候補がスタンバイしていると思うので楽しみです。

  出走頭数 勝馬頭数 勝馬 出走回数 勝利回数 勝率 賞金
モーリス 69 15 21.73% 110 16 14.54% 196,099,000
エピファネイア 54 13 24.07% 100 13 13% 144,160,000
ドゥラメンテ 47 13 27.65% 91 14 15.38% 142,191,000
ディープインパクト 36 9 25% 52 11 21.15% 131,921,000
キズナ 57 8 14.03% 114 8 7.02% 130,564,000