EBH 〜根拠に基づいた競馬〜

データを用いて根拠に基づいた馬券術習得を目指すブログです。

2021 フェブラリーS予想

こんにちはnoritakex です。

 

今年最初のG1であるフェブラリーステークス

絶対的王者が不在で混戦模様が漂う一戦の予想になります。

 

 

◎買い目

3連単二頭軸マルチ

軸   アルクトス、サンライズノヴァ

相手  インティ、カフェファラオ、ワンダーリーデルソリストサンダー、オーヴェルニュ、レッドルゼル

 

 

◎軸選定理由

アルクトス  

持ちタイム優秀、舞台も合う、先行有利?、前走は59Kgを背負って善戦

 

サンライズノヴァ

東京マイルは合う、調教良い、差しが届きにくい可能性はあるがいい脚を持っているのでこの馬なら3着以内には届くと予想

 

◎相手について

・インティ 年齢と最近の様子を見ると切りたいところでしたが、終わったと見せかけて好走するから怖い一頭、マークが緩くなってこの馬のペースで前目で運べるなら馬券内に残りそう

 

・カフェファラオ

期待している一頭だが4歳になり斤量も増えるのが気になり軸には出来なかった

 

・ワンダーリーデル

年齢的には切り、根岸好走、鞍上横山典を評価し抑える

 

ソリストサンダー
同舞台の重賞で好走している点を評価

 

・オーヴェルニュ

東海S制覇を評価、鞍上が変わることは心配だが丸山騎手でOPを買っているので油断は出来ない


・レッドルゼル

距離延長が不安だが、血統的にはマイルまで対応できても不思議ではない

 

※馬券購入は自己責任でお願いします

 

2/20 2021京都牝馬S、ダイヤモンドS予想など

おはようございます。noritakexです。

 

 

本日の重賞予想と複勝転がし候補を挙げていきます。

 

 

京都牝馬S

買い方 3連複 ボックス

カリオストロイベリス、リリーバレロ、シャインガーネット、ギルデッドミラー、リバティハイツ

 

どの馬も決め手に欠ける気がして軸を選べなかったので3連複ボックスで手広く買います。

 

 

ダイヤモンドS

買い方 3連複2軸流し 馬連、ワイド

3連複 

軸 ポンテザール、タイセイトレイル

相手 ナムラドノヴァン、オーソリティ、ブラックマジック、グロンディオーズ、ボスジラ、

ワセダインブルー

 

馬連、ワイドは軸のポンテザール、タイセイトレイルの組合せを1点ずつ

 

ステイヤーSの実績を重視して軸を決めました。

長距離実績と斤量を考慮するとタイセイトレイルは過小評価されている気がして狙っていきたいです。

3連複が全部で8点がキリが悪かったので軸の馬連、ワイドも購入してキッチリ10点に収めました。

 

複勝転がし候補

阪神2R フルヴォート

実績、ヘニーヒューズ産駒で外枠の1400ダート、松山騎手と3着以内は堅そう

東京9R レッドジェネシス

未勝利を勝ち上がったばかりだが、上がり最速を頻回に出している。

ディープ産駒得意の東京も好材料

 

先週は久しぶりに重賞で3連単当たったのですが、複勝転がしが止まってしまいました。

本日は3連複ですが明日のG1に向けて軍資金を増やしたいです。

複勝転がしもまた1からやり直しです。

 

※馬券購入は自己責任でお願いします

2/14 共同通信杯、京都記念予想他

おはようございます。

 

昨日は久しぶりに重賞で3連単当たったのでこの調子で本日も頑張りたいです。

 

まずは本日の複勝転がし候補から


阪神

7R   ミッキーメテオ

8R  オーマイダーリン

 

・東京

1R  ラインオブフェイト

5R  シテフローラル

7R  フィリオアレグロ

9R  デゼル

 

 

次は本日の重賞予想

 

京都記念

券種 3連単二頭軸マルチ

軸  ステイフーリッシュ、ラヴズオンリーユー

相手 ダンスディライト、レイエンダ、ワグネリアン、モズベッロ、ジナンボー、サトノルークス

 

絶対的な馬がいないように感じたので手広くカバー

騸馬と7歳の成績は良くないので思い切ってダンビュライトは消しました。

軸は悩みましたが実績を考慮して選択。

 

共同通信杯

券種  3連単二頭軸マルチ

軸   ステラヴェローチェ、シャフリヤール

相手  ディオスバリエンテ、キングストンボーイ、エフフォーリア、レフトゥバーズ、ヴィクティファルス

 

軸は実績のあるステラヴェローチェ、舞台の合うディープ産駒、調教も良い、皐月賞大阪杯とG1を2勝しているアルアインの全弟であるシャフリヤールを選択。

 

新馬戦で圧巻のパフォーマンスを見せたディオスバリエンテや調教で評価されているエフフォーリアやレフトゥバーズが相手の筆頭と考えています。

キングストンボーイやヴィクティファルスは鞍上も含めて怖い存在で抑えています。

 

※馬券購入は自己責任でお願いします

 

 

2/13予想  クイーンカップ他

こんばんはnoritakex です。

 

 

先週は寝落ちしてしまい予想記事を掲載出来ませんでした。

しかし、しっかりと複勝転がしは継続中です。

(複勝転がしの経過は後日まとめたいと思ってます‥)

今週も継続すべく2/13の狙い馬と重賞予想を書いていきたいと思います。

 

 

複勝転がし 候補

阪神3R     シーニッククルーズ

阪神10R   レッドベルディエス

阪神11R   アルジャンナ

 

クイーンカップ予想

3連単二頭軸マルチ

軸 ククナ、アカイトリノムスメ

相手 イズンシーラブリー、リフレイム、ステラリア、アールドヴィーヴル、ハッピーオーサムの合計30点になります。

 

ディープインパクト産駒の得意舞台であることと実績を考慮して選んでいます。

軸はククナとアカイトリノムスメですがド本命はアカイトリノムスメです。

東京マイルでの実績、持ちタイムも良いですし助手を乗せての調教でしたが高評価がついていますので期待してしまいます。

 

※馬券購入は自己責任でお願いします

2021年度 新人騎手

こんばんはnoritakex です。

 

先日、今年デビューする新人騎手が発表されました。

藤田菜七子騎手以来5年ぶりにJRA所属の女性騎手が誕生することもあってTVなどでも取り上げられていたみたいです。

 

JRAのホームページや各種メディアでも報じられていましたが、女性騎手たちだけに焦点を当てていたりとパッと見て新人8人のことがわかる一覧表がなかったので自分でまとめてみました。

 

 

  年齢 所属 目標とする騎手 親族に競馬関係者
小沢大仁 18 栗東 松永昌博 幸英明 いない
角田大和 19 栗東 角田晃一 武豊 角田晃一調教師の息子
永島みなみ 18 栗東 高橋康之 武豊岩田康誠 永島太郎調教師(地方)の娘
永野猛蔵 18 美浦 伊藤圭三 武豊 いない
西谷凛 18 栗東 谷 潔 幸英明 西谷誠騎手の息子
古川菜穂 20 栗東 矢作芳人 武豊、坂井瑠星 いない
松本大 18 栗東 森 秀行 松山弘平 松本達也元騎手の息子
横山琉人 18 美浦 相沢 郁 石川裕紀人、武藤雅 横山義行元騎手の息子

 

今回の注目はやはり藤田菜七子騎手以来の女性騎手の誕生でしょう。

JRA史上8人目、9人目の女性騎手になります。

現役の女性騎手が複数名在籍しているのも久しぶりで、01年以来とのことです。

 

所属厩舎はどうなのでしょうか?

厩舎の育成力は今まで気にしたことがなく詳しくないので意見は述べることが出来ません。

ただ最近訴訟沙汰になった若手騎手を巡るパワハラ問題がありましたので、このような事態にはならないようにしてほしいものです。

 

目標とする騎手に武豊騎手が多かったのは予想通りですが、幸英明騎手の名前も多かったことには驚きました。業界人だからこそわかる良さがあるのでしょうね。幸騎手は武豊をも上回るスピードで騎乗数をこなしています。依頼が絶えないということはそれだけ評価されているのでしょう。

 

少し話が逸れました。

最近の若手騎手は横山武騎手やつい先日に重賞初制覇を遂げた菅原騎手など新しい波が来ている印象を受けます。

今年デビューする達にも期待したいものです。

福永祐一 2021年1月成績

こんばんはnoritakex です。

 

今回は私が信頼している騎手の1人である福永祐一騎手の2021年1月の成績をまとめてみました。皆さんの馬券予想等に役立てて貰えたら嬉しいです。

※馬券購入は自己責任でお願いします。

 

 

さて2021年1月の成績ですが16勝(内重賞2勝)を挙げてリーディング2位につけています。

そして当ブログでも度々触れていますが複勝率(0.605)がとても素晴らしいです。

リーディングの順位や勝率などは以下の記事も参照してください。

 

noritakex.hatenablog.com

 

複勝転がしや3連系を買うことが多いので福永祐一騎手を軸にしていくのが確率的には良さそうなのでその精度を高めていくための分析を中心に行っていきます。

 

 ◎レース条件

1月 騎乗回数 76回   

・騎乗場所
①中京 73回

②中山 3回   

 

栗東所属なのでほとんどが中京での騎乗です。中山は母数が少ないので中京を中心に分析していきます。

 

・中京騎乗内容

・全体 73レース(16.15.13.29)

 

・芝  34レース(9.10.6.9) 3着内率73%

1200  (2.0.0.0)  3着内率100%
1400(0.2.0.2)   3着内率50%

1600(3.3.3.2)  3着内率81%

2000(3.3.2.3) 3着内率72%

2200(1.2.1.1)3着内率80%

3000(0.0.0.1)3着内率0%

 

・ダート  39レース(7.5.7.20)3着内率48%

1200(0.1.2.6)3着内率33%

1400(0.2.2.4)3着内率50%

1800(5.1.3.6)3着内率60%

1900(2.1.0.4)3着内率42%

 

芝の方が3着内率は高めですね。

特に1200m、1600〜2200mの距離は安定感が高そうです。

1月の傾向を過去のデータと比べてみても同じような傾向が出ているように感じました。

過去データは以下の書籍を参考にしました。具体的な数値等が気になる方は見てみてください。

 

 

◎ 産駒別

続いては得意な産駒はいるのか産駒毎に分析してみました。

こちらは中京、中山関係なく産駒でまとめています。

 

①1着馬あり

モーリス(2.0.1.0)

ディープインパクト(1.1.1.2)

ロードカナロア(1.1.1.4)

キングカメハメハ(1.0.2.1)

フランケル(1.0.0.1)

ヘニーヒューズ(1.0.0.3)

 

他first samurai 、hat trick,emcee、ダノンレジェンド、point of entry、ネオユニヴァーススクリーンヒーローエイシンフラッシュタートルボウルは1戦1勝です。

 

②最高位2着

キンシャサノキセキ(0.2.0.0)

ハーツクライ(0.1.1.0)

ディープブリランテ(0.1.1.0)

リオンディーズ(0.1.1.0)

ダイワメジャー(0.1.0.2)

ルーラーシップ(0.1.0.2)

ケープブランコ(0.1.0.1)

 

ゼンノロブロイジャスタウェイジャングルポケットメイショウボーラーオルフェーヴル、up startは出走1回だけです。

 

③最高位3着

マジェスティックウォーリアー(0.0.2.0)

エピファネイア(0.0.1.1)

ゴールドアリュール(0.0.1.1)

 

他honor code、ドゥラメンテは1走のみです。

 

④馬券外のみ

キズナ(0.0.0.3)

ハービンジャー(0.0.0.2)

ディスクリートキャット(0.0.0.2)

 

ブラックタイドミッキーアイルノヴェリストホッコータルマエ、medaglia d'oroは1走のみです。

 

産駒別で気になったのはモーリス産駒です。

モーリス産駒全体の1月の成績は出走回数70回の内勝利したのはわずか5勝

その内の2勝を福永祐一騎手で挙げています。

馬券内も外していない点も評価出来ます。

あとは順当に種牡馬リーディング上位のディープ、カナロアの成績も良いですね。

 

今回は以上になります。

まとめるのは大変でしたが来月以降も取り上げていきたいと思うので読者登録してくれたら嬉しいです。

2021 年1月振り返り

こんばんはnoritakex です。

 

今回は1月開催の中央競馬を振り返っていきたいと思います。

 

種牡馬リーディング

②調教師リーディング

③騎手リーディング

④重賞winner

 

以上の4つの観点から振り返っていきます。

 

まずは①の種牡馬リーディングからです。

 

  出走頭数 勝馬頭数 出走回数 勝利回数 賞金
ロードカナロア 130 19 158 19 414,891,000
ディープインパクト 141 20 158 20 390,286,000
キズナ 85 17 101 17 244,886,000
ルーラーシップ 127 13 144 13 233,837,000
オルフェーブル 97 11 117 11 225,691,000

 

カナロア首位ですがディープが迫ってきています。

アーモンドアイが引退し大物が不在なためこのままではディープが今年もリーディングを取りそうな気がします。ディープはコントレイルもグランアレグリアもまだ現役ですので。

掲示板ではあまり評価されていないキズナは3位と検討しています。

 

次は②の調教師リーディング

  

  勝利数 勝率 連対率 3着内率
安田隆行 8 0.222 0.389 0.5
清水久詞 7 0.171 0.244 0.268
松永幹夫 6 0.222 0.37 0.407
友道康夫 6 0.261 0.435 0.478
矢作芳人 6 0.158 0.211 0.474
国枝栄 6 0.2 0.267 0.333

 

ケイデンスコール、レッドルゼルとすでに重賞2勝している安田隆行厩舎が勝利数もトップ

連対率、3着内率も立派です。

 

リーディング編最後は③騎手リーディング

 

  勝利数 勝率 連対率 3着内率
c.ルメール 22 0.282 0.462 0.5
福永祐一 16 0.211 0.421 0.605
松山弘平 16 0.162 0.273 0.384
田辺裕信 13 0.183 0.239 0.31
戸崎圭太 10 0.128 0.256 0.41

 

今年もルメール騎手はダントツです。福永騎手の3着内率はルメール騎手を凌ぐ驚異の6割超え。複勝転がしや3連単を買う私からするとルメール騎手や福永騎手の得意条件を把握することが大事に思えてくるデータです。3着内率でいうと福永騎手、ルメール騎手の次に率が高いのはデムーロ 騎手で0.486。思ってたより高くてびっくりしました。デムーロ 騎手は調子が良くないと切る人も多い気がするので配当妙味もあるかもしれませんね。

 

余談ですが例年1月の武豊騎手が調子が良い印象があったのですが今年は腰痛を発症した影響もあるのか今ひとつでした。川田騎手も近年はリーディング奪取に向けて稼ぐのですが、勝てないレースが続いていました。川田騎手に関してはネットでエージェントが入院した影響だという意見を見ましたが真偽の程はどうでしょうか

 

最後は④重賞winnerです。

今月の重賞winnerは以下の通りです。

 

G3中山金杯 ヒシイグアス     父ハーツクライ    松山弘平 堀宣行厩舎

G3京都金杯 ケイデンスコール   父ロードカナロア   岩田康誠 安田隆行厩舎

G3シンザン記念 ピクシーナイト  父モーリス      福永祐一 音無厩舎

G3フェアリーS ファインルージュ  父キズナ       ルメール 木村厩舎

G3愛知杯 マジックキャッスル   父ディープインパクト 戸崎圭太 国枝厩舎

G3京成杯 グラティアス      父ハーツクライ    ルメール 加藤征弘厩舎

G2日経新春杯 ショウリュウイクゾ 父オルフェーヴル   団野大成 佐々木晶厩舎

G2アメリカJCC アリストテレス   父エピファネイア   ルメール 音無厩舎

G2東海S  オーヴェルニュ      父スマートファルコン 川田将雅 西村厩舎

G3根岸S レッドルゼル       父ロードカナロア   川田将雅 安田隆行厩舎

G3シルクロードS シヴァージ    父First Samurai             福永祐一 野中厩舎

 

種牡馬で見るとカナロアとハーツが2勝ずつで健闘しています。スマートファルコン産駒は中央重賞初制覇です。

騎手はルメール3勝、福永祐一2勝とリーディング上位が実力を発揮している中、川田騎手も重賞は2勝と勝負強さを発揮しているので巻き返しに期待です。

厩舎は安田隆行厩舎、音無厩舎が結果を出しています。

 

以上、今年の競馬はまだ始まったばかりですが現在の経過をまとめてみました。

今月はどんなレースが行われるのか今から楽しみです。